当たり外れがあります

- 当たり外れがあります

当たり外れがあります

何回試しても

数多くのドメインが販売されているのが現状ではありますが、そんなドメインを選ぶのにもリスクがあります。

どんなに良さそうな中古ドメインだと思ったとしても、外れのドメインだった場合にはまた一から選び直しになるでしょう。

そのような外れの物というのが、思ったよりも多いというのが悲しいところです。

折角それなりのお金を払って手に入れたのに、全く何の役に立つこともなく、その出番を終えてしまった・・・。

というようなことになったのだったら、完全に選ぶのに費やした時間と支払ったお金が無駄だったということになってしまいます。

しかし、確実に当たりの中古ドメインを入手する方法というのもありませんので、悔しいところですね。


時には潔く

確率的に考えると、現在出回っている中古ドメインの中では3.4割が外れのものであると言ってしまってもいいかもしれません。

6割が当たりなんだったら、一度購入を考えてみてもいいかな・・・。なんて思うかもしれませんがよく考えてみてください。

プロ野球で打率4割のバッターっていうのは、かなり信頼のおける選手になりますよね。

そんなバッターに対して、6割は打てないんだから信頼することはできないよ!なんていうファンは滅多にいないかと思われます。

なので、3.4割が外れのドメインということになると、何回か続けて買ったとしても全てが外れだという可能性も出てきてしまうでしょう。

リスクを避ける生き方を信条としているのならばオールドドメインに手を出すのはあまり賢い選択ではないのかもしれませんね。

当たったとしても安心できない

運良く当たりのオールドドメインを入手することができたとしても、いつグーグルから制裁を受けるかは分かりません。

ずっと気付かれないこともあるかもしれませんが、購入した翌日に制裁が下されることもあるでしょう。

博打性が高いということは否定できませんので、そのような事態になっても許容できる人でないと使用は難しいかもしれませんね。

ページ上に戻る